FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

仲良くはなり難い考え方の違い
人であれば、隣人とは仲良くしようと思うのは極めて自然な考え方だと思うが、こちらがそう思っても相手がそう思っていなければ、そういう関係は成り立たない。
思考形態が根本的に違えば、その隙間を埋める方法はまず無い。
ちなみに、韓国に疲れているのは、実は日本だけではなくて、かかわりを持った国々はいずれも多少に拘わらずそう思っているようである。とにかく厄介なのである。
次から次へと問題を起こすから、アメリカも韓国にはほとほと疲れており、既にKorea fatigue(コリア・ファティーグ)という言葉も生まれて、それが使われているという。
コリア・ファティーグとは、「韓国疲れ」を意味する言葉である。

では、なぜ疲れるのかということになると、大きく分けて5大要因があるのだと言われている。
①約束を守れない(=嘘つき)
②法よりも感情を優先する
③自分は悪くなく、常に誰かのせいにする
④しつこい
⑤上下の立ち位置によって、言動が変わる。言動の軸が無い

世界各国は、一度決まったことは守るというのがルールであるが、韓国はそれができない。
しかも、時の感情によってルールがころころ変わる韓国は、遵法精神の息づいている先進国家においては悩みの種となっている。殊に政権が変われば、それ以前のものは反故にしても構わないとするのが常であるからかみ合わない。
身勝手で、すぐ人のせいにして、さらに約束したことは守らず、平気で嘘をつくことばかりを重ねているのに、なにかと被害者面しては、終わったはずの問題もぶり返す根性だけはあるしつこい人たちというイメージがついて回る。
これに異を唱えると、必ずヘイトだと言って国中が騒ぐ。
付き合うのが嫌でも、我慢してきているのである。うんざりするのが、正常な判断だと思います。
一部マスコミとそれに同調する人たちが躍起になって韓国を庇うが、それらは一方的に日本側ががまんしろというのが根本的な主張だから、反感をかっているだけのように感じる。
無理してまで仲良くする必要はあるまい。みんな同じだと思って対応しようとするからトラブルが生まれる。
韓国側の彼らの思想の根本にある小中華思想と儒教思想からなる上下関係の立ち位置について理解しておくべきだと思います。
しかも彼らは長く属国として虐げられた歴史により、人間性が捻じ曲げられているから、恨みの感情が最優先する。
可哀そうだと思って優しくしたり譲歩することは決して彼らの為にならないことは、もう嫌というほど学んだ。
日本が現時点では韓国より全てにわたって上の立場であると認識させること。
それによってのみ、正常な競争をしようとする意識が育ち、対等な国際関係が築けるのであるのだと思えてならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.