FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

それでもデモは収束しない
心配していた通り、とうとう香港で警察官が発砲する事態が起こった。
日本のニュースを見ている限りにおいては、デモ隊側の行動も過激であり、治安維持の上からは仕方がないように思わされる。
しかし命の危険が伴うことが判っていて尚、彼らが怯まずにデモに参加する原動力というのは何なのか?ということを掘り下げて報道するニュースはないので、軽く見てしまっている。
彼らは、中国共産党がどのような統治をするのか身近にいてつぶさに体感しているから、我々とは違う行動に走るのではないのかと思えてならない。

隠蔽されているとしても、天安門事件が忘れ去られるほど昔のことではない。ウイグル自治区やモンゴル自治区がいかなる有様になっているかも身に迫る問題として知ってもいよう。
中国本土の一般国民が、香港とはかけ離れた貧困から抜け出せないでいる現状だって見聞きしているに違いない。
共産主義の建前とは裏腹に、貧富の格差が異常になっていて、その不満を抑えるのに今までなら悪い共産党幹部の所為にして目先を逸らすことで済ませられていたが、虎も蠅も叩くというお題目も政敵を粛清するためのものであって、民衆を救済する政策が敷かれることが無いのだということが解かってしまっているから、明日は我が身だとして命がけになっているのだと思う。

他国のことにとやかく口は出せないが、何が根底にあるのかを知らないで対岸の火事視しているだけでは理解できない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.