FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

意識することなく使っている字だが
柔肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君(与謝野晶子)
漢字は象形文字だというが、普段なんの疑問も感じることなく使っている漢字の成り立ちを知ると、恐ろし気なものがある。
「道」というのもその一つである。
首を手に携えていく意であるとされ、おそらく異族の首を携えて、外に通ずる道を進むこと、即ち除道(道を祓い清めること)の行為をしながら通ったからだという。 外を歩くということは危険なことだっということになる。

漢語林では、「異族の首を埋めて清められた道」としています。

部首のシンニョウは、「辻、通、近、遠」などの様に「人の行く道」を意味する。それと「首」で出来た会意文字が「道」だが、さてどこが怖いのか。「道」に「首」が含まれているが、「道は、邪悪なものが潜んでいる非常に危険な場所ゆえに、異族の首を刎ねて持ち、その首の呪力によって、道に潜む邪悪な霊を祓いながら進んでいったからだという。

「道(みち)」の「み」も「御」であったとされるのが通説で、常識的に考えると「み」に続く「ち」は先ず「地」であり「路」であったろうが、もしかすると「雷(いかづち)」や「大蛇(おろち)」の「ち」であったかも知れず、そうなると「霊(ち)」や「血(ち)」の領域にも入ってくるのであるといわれている。
猷(ゆう)というのも道を意味する漢字であるが、「はかりごと」を意味することもある 道。

通は、マスメの道だという。
①「とおる」

 ア:「つらぬく」、「とおす」(例:貫通)

 イ:「先へ進む」、「届く」、「ゆき渡る」、「達する」(例:流通)

 ウ:「経る」、「経過する」

 エ:「歩く」

 オ:「さとる」、「理解する」

②「かよう」

 ア:「行き来する」

 イ:「物などを皆で用いる」、「互いに交換する」

 ウ:「男女が不義の交わりをする」

 エ:「行き来して仲良くする」、「親しむ」

③「つうじる・つうずる」

 ア:「繋(つな)がる」

 イ:「相手に伝わる」

 ウ:「ある物事の詳しい知識を持つ」
エ:「広く行き渡る」

 オ:「全体に及ぶ」(例:一年を通じて、寒い)

 カ:「二者の間に立って、事がうまくまとまるようにする」
   (例:友人を通じて、仲良くなる)

④「述べる」、「陳述する」

⑤「ひらく」、「設ける」(例:開通)

⑥「すべて」、「あまねく(広く)」(例:普通)

⑦「取次ぎをする」、「取次ぎ」

⑧「手紙や書類を数える語」(例:一通)

⑨「とおり」

その他にも、路、途、径、などなどがある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.