FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

わが身に置き換えてみれば

 人は、顔も洗うし風呂にも入って身体を綺麗にします。その上に化粧をしたり身支度を整えて周りの人に接します。

 汚れたままでいれば、人が寄り付かないばかりか避けて通られるようになり、運だって逃げてしまうでしょう。

 しかし、自分の上っ面だけ綺麗にすれば事足りるといえるかというと、それがそうはいきません。

磨かねばならぬものがいっぱいあります。

 知っていても、或いは気づいていても、それを綺麗にすることをしないで、ただ運が悪いだのツイテいないだの言っているのではどうにもなりません。

 自分ではどこを磨かねばならないか、ちゃんと分かっているのに知らない振りをしているということなんですから。

 部屋であったり、トイレであったり、心であったりでしょうが、ご先祖様の眠る墓石のことを考えたことはあるでしょうか?

 野ざらしで汚れるのにまかせていていいはずがないと思うのです。

 時間をかけて静かに墓石のクリーニングをしていると、ご先祖様がそっとどうすればいいのか気づかせてくれるのだと、自分でクリーニングをした人たちは皆が言います。すごく穏やかな気持ちになれるのだと・・・

 

「自分でもできる墓石クリーニング」というページがあります。

 http://www.kng2321-cbs.com

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。
blogにご訪問いただきましてありがとうございました。昔、社会科の授業でお墓を最も大切にしている国は日本だと聞いた記憶があります。しかし、今は、お彼岸などにお墓の掃除を行うことも少なくなってきたのかもしれません。
出来るだけ自分達で御先祖様の場所を綺麗に整えていくように代々伝えていくことが大切ですよね。
関係ないのですが、
私は外出先でお墓の前を通るときには「お邪魔します。」通り過ぎたら「お邪魔しました。」と挨拶をするように心がけています。
これも、昔、あるテレビ番組である女優さんが話していたことを真似させていただきました。確かに、お墓も家と同じですよね。


墓石のクリーニング、参考にさせていただきます。
†ATHENA† | URL | 2012/05/26/Sat 04:26 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.