FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

韓国の軍事費が日本を越える
日本では防衛予算というものに対してアレルギー反応を起こす政党があるから、国民もその主張に従ってしまう人が多いけれど、国を守るということについては真剣に考えて対処しておかなければならないのではないだろうか?
それを考えることが、別段右寄りだとは思えない。何故かと言えば、冷静に見れば判る通り、日本を取り巻く世界の環境はそれを軽視していられる状況ではないと見えるからである。安閑としていれば、侵略されてしまう可能性がないとはいえないであろう。
大方の人は戦争など起こらないというが、世界経済は軍事力を背景にした力関係で動いているのが現実であると認識しておいた方が良い。

特に「注目すべき点は、韓国が国防費を増額し続け、日本の防衛費水準に迫っていることである。1990年代の初め、日本と韓国の軍事費支出差は3倍ほどあったが、日本が段階的にしか増額してこなかった間に、韓国は大幅に増額しており、その差は縮まっている。2018年現在、韓国の軍事支出は43.2兆ウォン(約4兆1840億円)で、日本の約85%となっているという。
このまま行けば、2022年か2023年には、韓国は日本の防衛費以上の規模の軍事費を使うことになるという予測が出ている。
何が目的で軍事費を増やしているのかということになるが、少なくとも対北朝鮮のためとも思えないから、日本を想定してのものかとの危惧が生じる。

現在、韓国の軍事支出は対GDP比約2.6%、日本は同0.9%水準となっている。しかし、上記した規模で両国が軍事費を増やせば、韓国は2023年に対GDP比2.9%、日本は1.0%ほどとなる。韓国のネットユーザーは「国防力の強化は、韓国の生存権に直結する問題だ。日本や中国が軍事費を増強しているのだから、決してやりすぎということはない」「韓国の軍事費増強は必須だ。
という意見が圧倒的に多いのだという。

では中国はどうかというと、中国政府が公表した2019年予算案の国防費(中央政府分)は前年比7.5%増の1兆1898億元(約19兆8千億円)となったというから、日本の防衛費の凡そ5倍である。
これらが現実なのだということを、日本人は余りに知らなすぎる。

日清戦争後の3国干渉でのロシアの仕打ちが日露戦争の遠因となったし、ハルノートを突き付けられたことが日米開戦に繫がったように、日本はギリギリまで我慢するが、限界を超えると、損得抜きで守るべきものを守るために団結して行動を起こす国民性を持つ。
そのいずれの場合も、日本の国力の10数倍の国を相手に乾坤一擲の戦いをした歴史を持っている。日本相手に変な挑発をしないように躊躇わせることが、平和につながる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.