FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

アメリカが感謝しろだと?
Gソミアの終了期限が迫っている。
どうにも理解できないのが、Gソミアがなくなると日本が困るだろうと韓国民が信じ込んでいるらしいことである。ハッキリ言って、日本側は困るまい。
この協定は、軍事情報を漏らさないということであって、互いが協力して軍事情報を収集しようということが目的の内容ではないのではないのか?
これがなくなっても、日本が困ることはないように思うが、違うのだろうか?
日韓の間ではそうであるとしても、米国は同盟国としての戦略上これを無視できないから、韓国にこの協定を継続するように圧力をかけるのは当然である。

そもそも、これが問題として持ち上がったのは、韓国が戦略物資の取り扱いに疑惑を生じさせたことに対する指摘を明確に説明できなかったことから、日本側がホワイト国からの除外を決めたことに始まる。
テロ支援国への横流しが懸念されたのであるから、韓国側が誤解を解くことをすれば済んだ問題であるが、それをしないで問題をすり替えた。
見当違いにも、輸出規制強化を撤回させるために安全保障上の取り決めであるGソミアの破棄をカードとして使ったという異常さ。
そうすれば米国が日本を説得し、日本が屈服するだろうとの甘い判断でチラつかせたのであろうが、そんな横車が通せる問題ではない。
国民を煽るだけ煽ってしまった後だから、いまさら引っ込みがつかない。
韓国民の大半は筋違いな煽りに乗って条約破棄に賛成であり、Gソミアは米国の都合であるのに、米国が韓国に感謝したことがないとまで言い募っていると聞くと、もはや何をかいわんやという気持ちになる。

韓国は米軍により守られてきたのであって、感謝しても感謝しきれない側なのではないのか?
米国があきれ果てて在韓米軍を撤退させることにでもなったら、韓国株価は即座に暴落し経済は完全に潰えるのだということにさえ思いが至っていない。
その後は、米国は韓国に一切配慮することなく北朝鮮と対峙することになろう。
どんなカードが使われることになったとしても、韓国は口も挟めまい。
どうしていつも最悪な方向に突っ込んでいってしまうのだろう?どうしても理解できない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.