FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

歪曲された歴史しか知らない?
日本にもA・O 氏のように「日本は韓国に酷いことをしたのだから、日本が韓国に譲歩すべきだ。」と公言するジャーナリストが幅を利かせて世論を誘導しようとしている位だから、反日捏造教育で洗脳されてしまった韓国人が、日本を敵視するのはあたりまえであろう。

「酷いことをした」というけれど、それがどういうことなのかを具体的に説明することはまずない。曲げた解釈も含め、一括りにして印象的に言っているだけではないか?
A・O氏にもう一つ聞いてみたいのは、竹島が不法占拠されたのに対し、日本国憲法第9条はどのように役立ったというのか?第9条を守って黙って見ていることが平和だとでも強弁するつもりなのだろうか?
加えて、拉致被害者はどうするのか?「話し合いで」というのが持論らしいが、話し合いをしていないとでも言うのか?文句を言っているだけでなく、自分ならこうすると一言でも皆が納得できることを主張できるのなら別であるが・・・
今後は尖閣列島の防衛だって考えねばならないのである。能天気な放言だけでは困る。

韓国人歴史家も真の歴史を研究したならば、李氏朝鮮時代の末期の朝鮮がいかに悲惨な状態であったかは明確に浮かび上がってくる筈である。歴史学というのは感情論ではなく、事実を認識していく学問である。
いかに強がりを言ったところで、日本による併合がなかったら、自力で近代化できる要素なぞ一つもなかったのではないのか。

日本人も戦後に左派思想に被れた教師たちにより、韓国に酷いことをしたのだと教え込まれ、我々もそれを信じていた時期があった。だから、何をされても我慢して来た。
しかし、日本人は当時の資料をその気になれば誰でも自由に読めるから、真の事実は国民の多くが知るに至った。大嘘を言っていた教師たちは今なにを思っているのだろう?

一方の韓国は、漢字文化を捨て去ったこともあって、歴史資料を殆どの人が読むことすらできない。真実を知ろうとする努力もしない。
ただただ捏造教育で教え込まれたことを信じ込まされているだけであろう。
だから、真実に触れることは殆どの人ができないでいるのである。
仮にそれができる人が居たとしても、「親日罪」などという国是のある国では、知りえた事実を口にすることさえ命にかかわる。殴り殺された老人もいたし、寄ってたかって社会的に抹殺される例もあるとしたら、黙っているしかない。

大韓民国が成立した時、政権の正統性を主張することができないまま建国に関わったのは、旧両班出身者であったことは否定しきれない。日本を悪と決めつけるしかなかった。
彼らは日本に併合されたときに、今まで持っていた両班としての権益を全て剥奪されたから、日本が憎かったことは容易に想像できる。しかし、解らないのは、それら両班に虐げられ続けていた国民の半数近くはいたであろう奴婢階級の人たちまで反日に与してしまったことである。
まあ、それはそれで他国民の選択であるから仕方がないにしても、嘘で固めた土台の上にはまともな学問も経済も築けないのは当然であろう。
いかにうまく糊塗しているように見えても、折節に齟齬をきたす。
十数年おきに繰り返す経済危機も、そんなところに遠因があるのではないのか?
韓国人以外の国々は、真の歴史を知っているのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.