FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

食糧問題は軽くは考えられない
食料の自給率が、日本は低いと言われて久しい。カロリーベースと生産額ベースというのがあるが、カロリーベースで考えて、ほかの先進国に比べると、日本の食料自給率は最低の水準となっている。
食料自給率トップのカナダはなんと200%を超え、続くオーストラリアやアメリカ、フランスも100%を超えている。
それに比べて日本は38%と極端に低い数値になっている。安全保障上のことを考えると、何の対策も講じなくて放置していてよいとは思えない。いざとなったとき、それは直接生命にかかわる。
食料に限らず安い物を買えばよいと安易に考えて、それが全ての生産物にわたって行き過ぎるとデフレに通じることになるのが経済原則であるから、政治的にもバランス採っていかなくてはならない。
ただ、品目別食料自給率で見れば、日本も米は100%、野菜は79%自給しており、全ての食料が輸入に依存している訳ではないことが救いである。
豚肉が高騰していると言われる中国の食料自給率は、8割台で食料輸入国に転落しているのだとか。大豆などは有り余るほど生産しているのかと思ったら、養豚の飼料にも使われることで大量に不足し、輸入に頼っているのだという。中国は昔から国民が食料に不安を持った時に暴動が起こるという政変を繰り返して来た歴史を持つから、余計なお節介ながら心配する。米中貿易戦争というものの中には食料も含まれている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.