FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

騒ぐだけ騒いだ結果
文大統領はGソミアの終了通告を条件付きで停止したのだという。どんな条件化は判らないが、日本側が譲歩しなければならないようなところは一つもあるまい。
先延ばしを計っただけで、解決したとは言い難い。
ここまで揉ました後で延長されたからといって、崩れてしまったGソミア協定や韓国への信頼度が回復できるものではないだろう。
要するに、後先見ずに終了通告をしてしまったことへの国際的影響力と経済に与えられる圧力への収拾に困り果て、へたったのだとしか思えない。
相手も解らず独り相撲をやって、自分で土俵を割ったに等しいのではなかろうか、というのが個人的感想である。
「日本側が態度を変えれば」と散々っパラ言い続けていたが、勝手に終了を通告してきたのは韓国の側である。
「態度」という文言も、余りに思い上がった表現ではなかったのか?
どう頑張ったところで「対応」という文言くらいが限度であったろうに・・・

日本へのイヤガラセをすれば日本はこれまでと同様に屈服すると読み間違えたのだろうけれど、日本は一向に困らない。軍事衛星ひとつ持っていない韓国側が困るだけである。
アメリカが日米韓で結んでいる協定の戦略的重要性を理解できないから、日本だけが相手だと思っていたらしいが、まだまだ自国の思惑だけでレッドチーム入りできるほどの実力はあるまい。

そもそも日本が韓国をホワイト国から除外したのは、戦略物資の使用状態を、度々の要請に対して協議にも応じず明確にしなかったからであり、それに報復するかのようにGソミア破棄をカードとして使ったのが青瓦台の戦略判断ミスであったことは明確である。
貿易と安全保障の区別さえできず、国民を煽りすぎてしまって、振り上げたこぶしの降ろしようがなくなり、右往左往しただけということになる。

条約無視の裁判結果なぞ関係ないのに無理やり結び付けて、自らの政策判断ミスを日本側にこじつけようとしても、ノッケから無理であることすら理解できなかったのか?
韓国を敵視したとか言い張っていたが、韓国が一方的に日本を敵視し軽んじたのが発端である。
自衛隊機へのレーダー照射はその顕著な表れであった。
更には、ついに説明することはなかったが、フッ化水素等の戦略物資については、テロが疑われる国に横流しにされたとまで言われているのに、弁明さえできなかった。
問題はひとつひとつ誠実に解決しないと、信頼は得られない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.