FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

植民地をなくしてしまった国々
昔は戦争をして領土を広げることなぞ当たり前であった。占領したり占領され返したりの繰り返しであった。
時代が進み意識が変わってくると、フランスのように人は生まれながらに平等であるという思想の下に組まれた軍は他国を圧倒し、ナポレオンは連戦連勝を重ねた時代もあった。
圧倒的な恐怖を植え付けることで版図を広げたモンゴルなどというのもあったが、いずれにしろ長続きはしなかった。

産業革命後や大航海時代の後は、隣国との争いではなく、海を越えたところに侵略し、そこを植民地化することで版図を広げた。
広さを挙げれば、イギリス帝国(大英帝国)・ロシア帝国・スペイン帝国・元・清・フランス植民地帝国・ポルトガル海上帝国などなどがあるが、そこには先住民が定着していたし、文化を持つ国々であったが、近代兵器により制圧したことは間違いない。
それらの国に支配された国々は、今も扮装を引きずっているところが多い。

日本も一時は南洋諸島に進出し広大な面積を得ていたが、日本が戦った相手は原住民族ではなく、植民地支配をしていた国々であったから、日本軍の実力以上の戦果を上げることができたのは当然であったのかも知れない。
戦後それらの国々は元の宗主国に戻ることなく、その殆どは独立を果たした。それにより凋落した国が出たのは歴史の成り行きであろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年10月10日、第12部の後、最終章をまで書き終えました。長きに亘り有難うございました。

小説は、こちらでお読みください。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

小説も童話も、カクヨム 百神井応身(シャクジイオウシン)で検索してみて下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.