FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

何でもかんでも他国が優れていたわけではない
日本はその昔、海外からの文物を取り入れて学んだことは疑いない。
とりわけ中国から学んだのであるが、聖徳太子の時代には、そのための遣唐使の派遣を廃止した。
海を渡る危険を考えると、派遣することで優秀な人材を失いかねないこともあったのがその理由であったと言われるが、もはや学ぶものが殆ど無いという判断もあったのではなかろうか。
半島経由の道は、そこに蔓延る蛮族の地を通ることでもあったから、もっと危険であった。

日本は、学んだことを全て取り入れたわけではない。その都度、賢い選択をしたのである。
取り入れなかったものには、宦官・纏足・科挙制度・刑罰などがある。
生きている男性を去勢する宦官や、幼女のうちに足が大きくならないように包帯などで固定する纏足などは人道上受け入れなかったし、科挙は実益とは程遠い学問であったことで採用されなかった。
刑罰については、残虐すぎる凌遅刑(りょうちけい)などというのがあった。
清の時代までの中国や、李氏朝鮮でおこなわれていた処刑の方法である。
斬首などのように一息に死に至らしめるのではなく、存命中の人間の肉体を少しずつ切り落とし、長時間というはおろか、何日にもわたり激しい苦痛を与えて死に至らす処刑方法であった。
韓国ドラマなどを見ているとそれを窺わせる場面があるが、裁判が適正だとは思えない。いわゆる讒訴によって、故なくその刑を受けることの方が多かったのではなかろうか?
政敵をほうむるには、腹いせと見せしめを含め、可能な限り残虐に刑を執行した。日本が併合したことでそれを禁止したが、それまで続いていたのである。
判断することができず、何でもとりいれればそうなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.