FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

アンコールワットにて 1

クメール文化を誇ったカンボジャを訪ねました。

と言っても、アンコール遺跡のみでしたが・・・

巨大な遺跡に圧倒されますが、これを構築した膨大な量の巨石は、60キロメートルも離れた山間部から運ばれたのだと聞くと尚更です。

しかも回廊に刻まれた微細な彫刻を見るに及んでは、言葉を失います。

アンコールワットは、ビシュヌ神を祀ったのだそうです。

 

ヒンズー3大神の、維持を司る神ヴィシュヌ

 visnu

ヴィシュヌは、メール山の中心にあるヴァイクンタに住んでいます。

四本の腕を持ち、右には円盤と棍棒を、左には法螺貝と蓮華を持ちます。乗り物はガルダと呼ばれる鳥の王で、鷲のような姿、もしくは鷲と人を合わせた様な姿をしています。

ヴィシュヌの妻は、ラクシュミー(吉祥天)です。

 

この地でもご多分にもれず、行く先々バスを降りると、お土産売りの子供たちが群がってきました。

手に手に持って指し示す500円1000円の品々は、買って帰っても使い道がないようなものばかりなので断るのですが、一向に諦めることなくどこまでもついてきて、買ってくれ買ってくれと迫る熱心さには驚嘆します。

何かをするとき、われわれにこの熱心さが残っているだろうか?

多少値が張っても、客が欲しがるものを売ったら、恐るべき成績を上げるのではないかと思わずにはいられませんでした。

諦めが早すぎる生き方には反省が必要だと教えられることしきりでした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないのですから・・・

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やってみると、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.