FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

外国と比べるのが好きな人
何かにつけて外国と引き比べ、日本が劣っているような論調に持っていきたい人というのがいる。
本当にそうなのだろうか?
一部の事象だけを取り上げ、全体からの調和を考えてのことではなく、ともすれば権威主義に走っているように思えなくもないことが多い。
彼らは「〇〇デハ」という巻頭語をつけるから、「出羽守」と揶揄されることがある。

文明の遅れた土人国だと見縊って、意気揚々と日本にやってきたザビエル達の宣教師は、結局は布教を諦めざるをえなかった。
布教の対象としてまず狙ったのは、暮らしに苦しむ貧しい民たちであった。
しかし、「デウスさまを拝まないと地獄に落ちるだか?おらの爺様や婆様も地獄にいるだか?ならおらも地獄に行く。自分だけ助かるだなんて、そったら不孝なことはできねぇ」
自分だけ良くなれれば他人はどうでもよいということを潔しとしない倫理観を、宣教師たちは突き崩すことができなかった。
自分たちの価値観を押し付けようとしても、それより勝っているものによって自分で判断できる者たちには敵う筈がない。

それでも近頃は、自分さえ得できれば良いと考える人が増えたようである。しかし、大方は他人の意見を鵜呑みにしてる者が多い。だから、それ以外の自分でものごとを判断できる理知的日本人の本質は、如何に言葉巧みに誘導しようとしても、そう簡単には変わらない。
他国からの批判に弱いところがあるところを突いてミスリードしようとする動きはあるが、中庸を好む日本人は、偏向的意見で大勢は動かない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.