FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

全て受け入れるほどの覚悟はまだ無い
「是非に及ばず」
生涯を閉じざるを得ない場面を迎えて、このように鮮烈な言葉を出せるかどうかを考えるとき、この年になっても甚だ心許ない。

この一語をむかし読んだとき、小生意気な理屈を捏ね回していた年ごろだったが、それだけで兜を脱いだ記憶がある。良いだ悪いだを言ってもしょうがないなどという気楽なものとは違う。
全てをそのまま受け入れる覚悟がいつもできていないと出てこない言葉である。
命のやり取りを日常的に繰り返す戦国時代の中にあって、普段から自分の死はいつやってくるか判らない日々だったとしても、これは鮮烈な言葉であった、誰もが到達できる境地ではない。

寄せ手が光秀だと知るや、光秀の手配りであれば手落ちがある筈がないと、相手の力量もその実力通り評価して、死を的確に覚悟したということでもある。
自分はそんな心境には未だ至らず、些細なことどもに心定まらず、明日をのみ思い煩うありさまである。
平和な時代というのはお気楽なものであるが、それでよいとして便々と過ごすだけでは気が引ける。
歴史に残る大事を為した人たちというのは凄すぎる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.