FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

3は安定した数

三脚というのは据わりが良くて、脚の長さが多少揃わなくても、がたがたしない。四脚の椅子であると、そうはいかない。

 

鼎というのがあります。

鼎は青銅で作られた三本足の器で、王位の象徴とされた。

 

鼎の軽重を問う、という言葉はよくつかわれます。

統治者を軽んじてその地位を覆そうとする野心のあるとき、
転じて、その人の能力などを疑って地位や評判を奪おうとするとき、
現在では、野心や奪うという意を含まずに、単にその人の能力の有無を問うという意味にも用いられる。


楚の荘王が天下統一の野望を抱き、王位の象徴である鼎の大きさと重さを問うことで、その意志を暗に示した故事にゆらいします。

いずれにしろ、3というのは重要であるらしく、いろんな場面にでてきます。

3本の矢・3画測量・3点確保・三位一体・三宝etc.etc.

 

正と負すなわちプラスとマイナスにゼロという概念を取り込んだことで発展したものは多い。

右か左かだけでなく中庸ということは、ものごとの判断の幅をひろげます。

どれもが中心になって他を支えるものがあるということかも知れません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。でも、やらないで不満ばかり抱えている。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないし、よい展開はうまれない。

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やらないことには何も始まりません。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.