FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

言うに事欠いて道徳的優位だとは
韓国人が日本に対して好んで使う言葉に「道徳的に優位」という言葉がある。
道徳よりももっと範囲が狭い「法」すら守れない彼の国に言われたくない。
道徳どころか恥知らずなことを平気でしていないか?

歴史的にみても朝鮮は未開の野蛮国。「日本に文化文明を伝えた、漢字や仏教さらには稲作まで教えてやったではないか。それなのに日本は朝鮮に感謝するどころか、韓国を見下している、怪しからん」というわけだが、事実認識自体が間違っている。
何を勘違いしているのか知らないが、文明が先に開けたのは日本であり、日本が未開の朝鮮に教えたことはあっても、朝鮮が日本に教えてくれたようなものはあるまい。
精々が、中国の文化が朝鮮半島経由で齎されたというくらいのもので、朝鮮独自の文化などというのは殆どあるまい。他人の褌が殆どではないのか。
 
漢字を日本に伝えたとされる王仁は、古事記や日本書紀にそのような記述もあるやにも聞くが、「千字文」を伝えた学者の名が王仁かどうか何も証明するものがない。その説は、日韓併合にあたり朝鮮人を懐柔するために、日本側がさまざまな工夫をしたものの一つのようだ。
漢字が朝鮮から伝わったなら古い記録が多く残っているはずだし、そもそもそれは中国が作ったものであって、朝鮮が作ったものではない。

稲作は、DNAによる科学的研究が明らかにしたように、日本から半島に伝わったというのが本当のようであり、覆しようがない。米の種類がそもそも違う。日本の農業用語には朝鮮語由来の語はないが、韓国には日本語由来のものが多いという。

「慰安婦」の問題にしても、もし彼女たちが日本軍に強制的に連行され、性奴隷にされたというのがウソだとバレたら韓国の「道徳的優位性」は一瞬にして消える。どう探したって、証言をコロコロ変える元慰安婦の言うこと以外に証拠は見つからない。感情的に騒いでいるだけである。
最近話題の「反日種族主義」によれば「慰安婦」は20歳以上で、多くは韓国の女衒の手によって集められ、しかもかなりの高級取りだったということは証明されているから、被害者としての「道徳的優位性」は消え去る。
第一、 拉致されるのを指を咥えて見ていただけということになってしまう朝鮮人男子は、不
道徳そのものではないか。

元「徴用工」も同様である。資料は彼らが応募工であったことを証明しているし、待遇も日本人と同等に扱われていた。
 韓国が日本を非難する場合に基にするのは、韓国が常に「被害者」の立場だったということであり、強者としての日本からは酷い目にあったとすることであるが、被虐的であることを「優位性」として主張するけれど、大部分は捏造されたもので史実には基づかない。

文字すら読めず、奴隷同様の未開人に等しい生活が急激に文明化され、寿命が延び、人口も増加した。世界中の植民地とよばれているところで、人口が増加した国が朝鮮以外にあるか?
 韓国では「被害者」となることで「道徳的に優れた存在」になることができると思い込んでいるらしいが、被害者がどうして道徳的だということになるのか? 論理的ではない。
 
日韓併合は、当時は国際的も認められたことだが、それでも韓国はいつまでも「被害者としての優位性」を主張し、賠償と称して金をたかる。併合時代はすべて悪だとして、その間に日本が韓半島にどれくらい寄与したかを認めようとしない。
 何よりも韓国は、史実に基づいた韓国史を書き、子供たちに真実を教えなければならない。
ウソを基準にして発展できるものなど一つもない。ウソが平気だから、日本国内で問題視されている生活保護の不正受給も、恥と思えないのである。
どこが道徳的だと言えるのか。

人のいい日本人は、ズルイ韓国人が働きもしないで生活保護を受給しているのを大目に見ているし、悪口をいわれても我慢しているが、中国人はそうはいかない。
集中豪雨に見舞われて揚子江が氾濫し、住民が困窮しているのに対し「中国は天罰を受けている! 頑張れ台風!」と韓国ネットの声( 2020年7月26日)があったという。民度がゲスすぎる。
これにはいずれ強烈な報復がなされるに違いあるまい。韓国に対する中国のお仕置きはキツイ。
日本も東日本大震災のときに「大震災おめでとうございます」とやられたが、日本は毎度のこととして、相手にするも愚かとして見過ごしにしたけれど、中国人は許さない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「不器用者の義」
http://www.kng2321-cbs.com/bukiyoumononogi.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.