FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

疑惑が残ったままで決着がつくのか?
米国の大統領選を見ていると、南北戦争のことを連想してしまう。

南北戦争は1861年4月に始まり、65年4月まで4年間続き、その間、大きな戦闘が約50回、小さな戦闘は無数にあった。両軍併せて61万8千人、北軍は36万人、南軍が25万8千人の戦死者であった。62万に近い死者の数は、第一次世界大戦の約11万、第二次世界大戦の約32万と比べてあまりも大きい。

国を二分しかねない混乱に、どう決着をつけるのだろう?
マスコミが主導した選挙のように傍目からは感じられるが、米国が社会主義化するとはとても思えない。なぜなら、同時に行われた議員の選挙では、圧倒的に共和党が勝っているようだからである。
証拠というのはまだ提示されていないようだが、もしも大統領選で不正があったとしたら、簡単に収まりがつくようなことではなくなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.