FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本語は美しい
日本語は、習得するのに世界で一番難しい言語であるという。
それを使いこなして暮らす日本人は、それだけで高い能力をもっているのだといえる。
思考に必要な語彙数も圧倒的に多く、多言語に翻訳できない言葉があるのだとか。
殊にオノマトペとして分類されている言葉は、日本人には理解できても外国人にはその感覚をとらえるのは難しすぎるのだという。

日本には漢字が伝わるまで文字がなかったというが、どうやらそんなことはなかったようである。
日本語は語り言葉であり、記録言葉ではなかったとされるが、古文書というのはある。
それらを偽書と決めつけようが、岩に刻まれた神代文字というのを否定しきれまい。
殷周時代にできたとされる会意文字としての漢字は、日本語由来の部品文字抜きでは成り立たないのだともいう説もある。
「やまとことば」の一番の特徴は「一音」でも意味を持つということであり、 それは他の言語にはないらしい。一音一義で組み立てられた言語は、七五調のリズムをもっていたらしい。
どっかの国のように、どちらが古いなどと言い募る気はないが、美しいものは美しいものとして、誇り高く守り伝えなければなるまいと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.