旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

業を消すチャンスを

さまざまな体験によって自分を成長させたい人で、「困難だと思えるような修行が大好きな向上心の強い挑戦者」であれば別ですが、大抵の人は次々に起こる問題に対し、「どうして自分にはこんなことばっかり起こるのだろう。」と嘆くことの方が普通です。

それらを解決したり乗り越えたりする前に、諦めたり打ち負けてしまう人のほうが圧倒的に多い。

 

現象として現れれば、それで消えていくものなのだというのが真理らしいのですが、なかなかそうは思えなくて、折角消せるチャンスなのに、それを嫌なこととしてまた掴み直してしまう。

すなわち業としてしまう。消せないから業になるということです。

「現れたのだから、これで消えていくんだ。」と軽く放念すれば楽になるというのにです。


いくら辛いことが起きても、どんなにひどい状況になっても、それは自分が今生で消すために、自分で体験したい人生を選んできているということがわかれば、乗り越えられないことは何もないということがわかります。

神様は、乗り越えられないような試練は決してお与えにならない。

「大丈夫、大丈夫。」と、自分自身を励ますことです。

そして、それらを乗り越えれば、さらに人間としての厚みが増し、より強く、よりたくましく、人の気持ちがわかる優しい人間になれるのです。

人生に起こることはすべて意味があるといいますが、すべて乗り越えられるから起こるのです。
それでなくては、生まれてきた甲斐がない。「大丈夫」なのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。でも、やらないで不満ばかり抱えている。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないし、よい展開はうまれない。

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やらないことには何も始まりません。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.