FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

膨大な埋蔵量がある日本の資源
資源小国といわれていたが、ウィキペディアによると、実は日本の海底資源は膨大なのだという。
海底資源の種別は、一般的に(1)海底石油・ガス(石油・天然ガス)、(2)熱水鉱床(金・銀・銅・亜鉛・鉛)、(3)ガスハイドレート(主にメタン)、(4)マンガン団塊(鉄・マンガン団塊、コバルト・リッチ・クラスト)に分けられている。
日本近海には、海底熱水鉱床、コバルト・リッチ・クラスト、メタンハイドレートに含まれる鉱物資源が豊富に存在しており、300兆円相当の製品価値があるとされている[1]。
推定賦存量 回収想定量 製品価値
(2005年〜2007年の平均相場による試算)
海底熱水鉱床
7.5億トン(約200ヵ所) 4.5億トン メタル量:1.7億トン
地金価値:80兆円相当
コバルト・リッチ・クラスト
24億トン(約5万km2) 11億トン メタル量:2.2億トン
地金価値:100兆円相当
メタンハイドレート
12.6兆m3(約5万km2)
4.1兆m3 メタンガス:120兆円相当
(LNG熱量等価換算)
資料としては少し古い。
近年の技術発展に伴い、原油埋蔵量、コバルトリッチクラスト、レアメタル等々の回収利用は、もっと巨大だと期待されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.