FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

何か偉大なもの

 神様は、乗り越えられないような困難をお与えにはならないのだとか。

 何事も、なんとかなるのであります。

 

 「お上が、ご苦痛であると思し召すほうを、この際はお選びになるべきであります。」というのを読んで連想したのが、「その方等はよいのう。朕には辞職がない。」とおおせられた明治天皇のおことばでした。

 

 「みんながそうしているから」関連のいくつかからの意見。

 

そもそも農耕民族は、種まきの時季にしろなんにしろ、長老を始めとする皆と合わせることが上手くいくというあたりが、狩猟民族と違うところであります。

 

 たしかに、家畜を追って草を求めるには、人と同じ事をしていたのでは、既に食い荒らされた場所を辿るに等しいから、豊な草葉を見つけるのには、経験のある長老でなくても若い閃きのあるリーダーに従うことが多かったろうから、主張しあうということに馴染みはあったと思われる。

 

 農耕民族である日本人は、自分の意見がないといわれるが、ないのではなくて、それぞれの信念、哲学、矜持を内に秘めながらなお、皆がよかれと、言わず語らず理解しあい選んでいく智恵を、2700年の歴史のなかに育んだのである。

 

 自己の権利主張を声高に叫びはしても義務をないがしろにして憚らず、はては自国をも自虐的におとしめるような論調を不思議とも思わず、我さえよければ他を省みなくなってしまった結果が、昨今随所にみかける破廉恥きわまりない所業となって現れているのではないだろうか。

 

 いつからのことなのかと嘆かわしく、失われてしまった美徳の数多かったことが思われてならないのであります。

 愛国心は強制されるべきでないとの主張はその通りだろうけれど、国を愛さなくてもよいと教えるのもまた極めておかしなことであろう。

 外国を旅して思うのだが、彼等は、自分、または店、或いは会社のミスに対し、「それ、自分の担当じゃない。」「知らない。」「関係ない。」と言うのが大半であり、最高によい状態とおもわれる謝りかたでも、せいぜいが「それは貴方にとって大変不幸なことでした。」というなんだかわけのわからないコメントがあっておしまいである。

 ソレに比べ、日本がいかによい国であることか!日本スタンダードのほうがいいと思う。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

時代小説 「夏風越の(なつかざこしの)」

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

もし宜しければ、リンクをはらせて頂きたいのですが、宜しいでしょうか?私のブログはhttp://inkai.blog69.fc2.com/で贇界への坩堝と申します。
mojisan | URL | 2012/05/29/Tue 22:04 [編集]
はじめまして、訪問をありがとうございます。

全くその通りです。
時代小説で「みなまで言うな」とか
「それ以上を言うたら味ない」
言葉に出さなくとも労りや思いやりがあれば分かり合える。
慮る心を誰もが持とうとしていた在りし日の日本。
隣の家の前も箒で当たり前のように履いていた。
もうそんな日本ではないのかと思っていたら、
東北大震災で見せられた。
やはり日本は良い国です。

拍手をして帰ります。
ぴゆう | URL | 2012/05/29/Tue 22:40 [編集]
Re: タイトルなし
> もし宜しければ、リンクをはらせて頂きたいのですが、宜しいでしょうか?私のブログはhttp://inkai.blog69.fc2.com/で贇界への坩堝と申します。

リンクして頂くことに否やはございません。宜しくお願いします。
AAchan70 | URL | 2012/06/02/Sat 18:51 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.