FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

左袒(さたん)

サタンと言っても、悪魔のことではありません。

左巻きはちといただけませんが、左は大事なのです。

わたしのわたしのかれは~ひだりきっき~・・・てな歌が昔ありましたっけ。

 

左袒(さたん)

「袒」は衣を脱いで肩をあらわにする意味です。

前漢の功臣周勃(しゅうぼつ)が、呂氏(りょし)の乱を鎮定しようとした際、「呂氏に味方する者は右袒せよ。」「劉氏(りゅうし)に味方する者は左袒せよ。」と軍中に申し渡したところ、全軍が左袒したという「史記」呂后本紀の故事から、左袒とは味方することという意味で使われます。

 

「右に同じ」というのはあります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幸せになりたいと言いながら、自分がなにもしないのでは、今の状況が変わるわけがありません。でも、やらないで不満ばかり抱えている。

やると良いと頭ではわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、何も変わらないし、よい展開はうまれない。

 

でも、なにをやればいいのかが分からないから、何もしないでいるのが普通です。

 

できることは有ります。やらないことには何も始まりません。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをするのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の書いた 小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

気づけばわかる潜在意識へのヒント

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.