FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

牛と馬と鯨

E国で、牛肉に馬肉が混入されていたというので、訴訟騒ぎになっていたらしいが、その後どうなったのでしょう。

食品表示に問題があったのではなくて、馬肉は食べないと言う文化によるものらしい。

そういう文化の国に輸出するには、それなりに合致しないと揉めることになる。

 

牛は駄目だという国もあれば、豚がだめだという国もあるから、それは文化の違いによるもので、他から文句を言っても始まらないのかもしれないが、狐を追い立てて狩るのはいいらしい。

 

らしい、が続きました。

 

やれ鯨は駄目だ海豚(いるか)は駄目だと、自分たち中心で他を規制しようとしても、長い歴史を持つものを否定できるものではなく、どうしても感情論になってしまう。

犬を食べる国だってあるし、椅子以外の四つ足はみんな食べるという国だってあるから、「えっ、そんなものまで食べるの?」と、思わず怖気をふるってしまうようなものを食べると聞いても、それを食べる食べないは自分の選択ということにして、他を非難しない文化の方が幅があるように思える。

 

生卵は、日本以外では殆ど食べない。食べないと言うよりは衛生面にサルモネラ菌などの問題があって食べられない。

 

いずれにしても、他の命をもらうことなくして人間は生きられないのだから、「いただきます」と感謝して生きるよりない。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

動いて気づけば潜在意識につながり幸せ

旅行・登山・お出かけから得た幸せ日記

http://a2take70.blogspot.jp/

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.