FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

お彼岸を機会に

 ひとを好きになれない人が、人から好かれるわけがない。誰かを大事にしない人は、誰からも大事にされない。人から好かれる人は、大抵ご先祖様を大事にしています。

 

 東日本大震災の後、「何が大事だと思いますか?」というTVの取材質問に対し、「家族です。」と答えている子供たちが多かったことが今も鮮明に印象に残っています。

 家族が好きで大事だという気持が、人を大事にするということの出発点だと思います。

 

 自分を好きだと思ってくれる人には、何でもしてあげたくなるのが人情です。

 思いやりの気持ちが、あの驚異的な助け合いの行動に現れたのではないでしょうか。

 

 人間関係の良しあしというものも、物事がうまく運ぶかどうかということも、案外こんなところに気づけるかどうかによるものだと思われます。

 

 自分が今あるのは、親がいて先祖がいたからだ、ということに意識が向くことは少ない。

 人と人のつながりの原点であるにもかかわらずです。

 

 お盆に先祖の墓参りをされて、気づきを得た方は多いと思います。

 決意を新たにするとき、人は先ず身の回りを綺麗にしようとします。ご先祖様の墓石も綺麗にすると、体に感じる清浄感が格段に違います。

 自分でやって僅かな費用でできる方法があるのです。お彼岸までに頑張ってやってみてはいかがでしょうか。

「自分でもできる墓石クリーニング」

 
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.