FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

幼女の方が正しい

 「わがみにかえても」という気持ちをもつ人が少ないご時世と成り果てては、このような情愛があらわれることが段々になくなっていってしまうのでは・・・。

 

 自分の都合が、もっと極端にいえば自分勝手な感情が何にも増して優先し、またそれを個性として助長しているような風潮では、相手をおもいやるなんてことは程遠い。

 

 うわっつらの、言葉での"やさしさ"なんてのを声高に言い募るばかりで、身をもって教え導く大人が少なくなってしまったのはなぜなんだろう。

 

 幼い子供の言動に、優しさをみることが多いのに、いつそれが失せてしまうのだろう。大人になるにつれて、自己中心的になるように思えるのです。

 

 お祖父ちゃんが、変なご飯の食べ方をしていた孫に食べ方のお作法を教えたら、「余計なことをしないで下さい。」と母親から文句を言われたんだと。

 

 そうです。ご飯のお茶碗は左で、お吸い物のお椀は右なのです。それはどちらにあっても大した違いじゃないじゃないか、なんてことで見過ごしてはならないのです。

 そういう小さなことが、社会に出たときにお互いの関係を滑らかにするルールなのだと思います。

 

 きのうの夕暮れ時、補助輪のついた自転車に乗った女の子を、母親が感情的に口汚く叱責しながら一緒に歩いておりました。

 何を怒っていたかというと、少し先の交差点を渡る都合上、道の右側を進めと母親が言うのに、女の子が交通法規を守って左側を行こうとするのが気に入らなかったらしい。

 よっぽど母親に注意してやろうかと思ったけれど、後で女の子に八つ当たりするに決まっていそうだったのでやめておいた。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.