FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

しんしゅしなのの
 ソバを見ると思い出すのが、中学のときの理科の先生。
担任ではなかったけれど、移動教室というので教わった。私は、授業中の怒られ頭でもありました。
 この先生がその授業中に教えてくれたのが、“しんしゅしなのの しんそばよりも あたしゃあんたの そばがいい”だとか“あたしゃあんたに ほうれんそう”だとか、そのほか他聞を憚るようなこと多数。私は、けっこうこの先生が好きだった。

 退任されてから、そのころの話をすると、「どうかご内聞に。」なんてことを言ってたらしいけれど、誰も教師らしからぬなどと言って怒った人はいません。

 なんでソバの話しになったかっていうと、友人の親しくされている方が今年ソバを育てているということで、新蕎麦がとれたら私に蕎麦を打てということになっているからです。
akasoba

 その昔は10割蕎麦なんてのを打ったりしましたので、大見得をきって「まかしとけ。」なんて言ってましたが、どうなることやら。いまじゃ二八そばだって怪しいもんかも。
 いっそ蕎麦掻きってことにしちまったらいいかも。
それも、茶碗を火で炙って温めたところにそば粉をいれ、熱湯を注いでかきまわしただけのものに生醤油をつけて食べるっていうもの。
 蕎麦好きだって自慢してても、これを旨いといって食える人は少ない。
 子供のころ、ときどき食したが、旨かったという記憶はあまりありません。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.