FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

秋ナスの花が

夏、繁っていた茄子が、秋茄子をならせていましたが、もう冬だというのにまだ、いくつか花を咲かせています。

 

 親の意見とナスビの花は、千に一つも無駄がない。そう昔の人ははいいましたが、今そんな覚悟があって子にものが言えている親がどのくらいいるだろう。

まさに為す(成す)というには覚悟がいるのです。

 

さくばんは、酔ったおじいさんが多少怪しげな呂律で面白い歌を口ずさんでおりました。聞いたこちらもかなりいい加減だから、あまり定かじゃないけど、こんな歌詞でした。

 

親が裁判官で子が泥棒   (おや~がさいばんかんで こがどろぼう~)

検事判事が叔父さんで   (けん~じはんじが おじさんで)

そこで弁護士が従兄弟なら (そこ~でべんごしが いとこなら)

何で裁きがつけられよう  (なんで さばきがつけられよー)

 

まさに「わや」、めちゃくちゃです。

自分だけ良ければというのは、なかなか通らないことなのですが、誰も見ていない誰も知らないということになると、気が緩むらしい。

でも、一番知られたくない人が知ってしまっている、ということが多いようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/nobel%20natukazakosino.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.