FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

星降る夜に

アイソン彗星は、見ようと思っていたのに、見ないうちに消滅してしまったらしい。

 

 あの星を とってくれろと 泣く子かな (江戸川柳) な~んていうのがありましたっけ。

 

 小学生のころまでの郷里の空は、満天星躑躅(どうだんつつじ)のように、空はあたり一面ちりばめられた星で埋まっていました。

 特に夏の天の川なんぞは、日が落ちて暗くなってからの帰り道、家族で家路を辿りながら見上げるとき、箒でかき集められそうに近く見えたものでした。

 もう、ふた昔以上前のことですが、家をはなれて十数年ぶりに帰ったときの故郷の夜空は、霞か雲かに覆われたように朧にかすんで、もはや往時の透明感とは程遠いものになっていたことを思い出します。

 

 更にその後何年かして、長野県の野辺山を訪ねたときの夜、さすが天文台があるくらいだから、星々は昔日の想い出のごとくに綺麗だったのですが、それにもまして忘れられないのは、雨上がりの八ヶ岳山頂近くで見た夜空。

 握りこぶしほどとまではいいませんが、大きくくっきりしていて、手がとどきそうにおぼえ、転じて麓のかたを見やると、遠く町の灯りがまたたき、天も地も光の渦に浮かんでいるような心地でした。

 南の島で、初めて南十字星を見たときの空も、忘れ難い。

 けっこうロマンチストなのかも知れません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/nobel%20natukazakosino.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.