FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

犬がねこを産んだ
犬が猫を産むわけがありません。犬がネ、子を産んだ。読点の打ち方で紛らわしくなる例のひとつです。
ねこがねこをうんだ
 当たり前だって?猫が猫を産んだ。猫がネ、子を産んだ。どっちでしょう。
 健気な(最近つかわれなくなった日本語)猫がいました。
 金を侵して、おっと禁を犯してマンションで飼っていた猫を、引越しのとき置き去りにして行った人がおりました。
 このアビシニオン、捨て猫になったあと必死で次の飼い主をさがそうと、涙ぐましい営業努力をして、少しでもやさしくしてくれそうな人や、ドアを開けた隙をねらって家のなかに入り込むなどしたが、余りに節操なく次からつぎへと愛想をふりまくのを疎まれて、餌は確保できても飼い猫に昇格するにはいたりませんでした。
 段々冬が近づくにつれ、この猫の行く末を案じた当マンションの心優しい有志が、嫁入り先をさがし、無事よめっていきましたが、いまごろどうしているやら。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.