FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

辛すぎのカプサイシン

可怖催震

怖いもの見たさというのがありますが、これは、辛いもの食いたさのお話。

 

夏が終わる頃「珍しいものが出ていたから買ってきたわよ。」と、山ノ神さまが葉唐辛子の束を抱えて帰ってきました。

これを煮締めたものは、AAの大好物のひとつであります。(だれ、そこで「クイモンならみんな好物なんじゃないのか。」なんて言ってるのは?)

 

大体が葉唐辛子は花の咲く前、初夏が旬の食べ物だと思うのですが、此の時期だと花が終わって 実(っていうのかな?)を結んでいる。流石にまだ赤くはなっていないが、緑色のそれは見るからに辛そうであり、匂いまでがそうであることを告げていました。

 

「軽く油で炒めてから煮てみたわ。」と食膳にだされたのを、おそるおそる箸で少しだけつまんで口に運んでみると、案に違わずこれが滅法辛い。

 

よせばいいものを怖いもの見たさ、緑色の実(鞘?)はどんなもんかと一口齧ったところ火を噴くほどの辛さ。

しばらくはハーハーと切なく喘ぐしかないほどのものでありました。

 

人間というものは懲りないもので(AAだけだろうって?)、口の中が治まるとまた箸がのび、また喘ぐというのを何度繰り返したことか。

 

この辛さに挑まんと思う勇者は、名乗り胃でよ!四里(尻)まで痺れるぜよ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/nobel%20natukazakosino.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.