FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

お年とり

 信州にいた子供の頃、東京の年越し蕎麦と同様の習わしとして、大晦日に「お年とり」といって食したのが、アジ科の海水魚の鰤(ただし、高くて切り身でしか買えなかった。)でした。

大きくなるにつれて名前が変わる出世魚だということであったが、何回名前の変わる順番を聞いても、いまだに覚えられないでいます。

 

 お早苗饗(おさなぶり)・・・お田植えがおわると、田のかみさまを送るお祭りというかお祝いというか、神棚にイネの苗を供えて豊作を祈ってお参りしたものでした。

 

 千振(せんぶり)・・・山道の土手などに生えていて、リンドウ科なのに白い小さな花をつける薬草がありました。たしか胃腸に効いたのだと思いますが、舐めるとたいそう苦かった。

煎じて千回振り出してもまだ苦いというのが、名前の由来とか。別名、医者倒し。

 

 ことほどさように、「ぶり」というのは大切なのでございます。

何事の修行に入るときも「ふり」からはいることが多いのでは・・・。わが不利な押せな~んてね。

なに、そりゃ我が振り直せの間違いじゃなのかって?まあ、そうも言うけど・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/nobel%20natukazakosino.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.