FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

顔色肌艶が運に影響する

 幸せな人というのは、顔の艶がよく、自信に満ちて明るく輝いています。

 

 目鼻立ちは如何とも成し難いにしても、この艶というのはかなり大事なものであるらしく、これが運を左右するということであるから気を配らなくてはなりません。

 逆もまた真なりということであり、顔の艶がよくなるようにしていると、運が向いてくるというのです。

 

 顔色がくすんでいて運の良い人はいないらしいから、わざわざ変な化粧をして異形を殊更に誇示したり、顔色を曇らせるなどというのは、もってのほかのことなのであります。

 

 そんなことから、それに加えて鏡をピカピカに磨いておくことも重要になるわけです。

 身の回りの物は、ピカピカ光るものがよいそうです。ダイヤや金が無ければ、ガラス玉でも真鍮でも光る物ということです。

 

 この世で経験する様々な苦しみは、因果の法則によるものであるということですが、現れればそれで、それが原因で起こっていることは必ず消えるのだということですから、どんなにつらくても、「これで消すことができまして有難うございます。」

ということで終りにして、いつまでも捉われ続けないようにするのが良いそうです。

 

 人は、いつかは幸せになるために生まれてくるのですから、そういう巡り合わせを経験するのだということです。

 

 でも、ご先祖様のそれら幸せへの思いをつなぐためには、墓石のクリーニングをして煤けた汚れを綺麗にしてあげなくてはならないでしょうから、ここはいちばん自分で頑張ってみることをお勧めします。自分以外の自分に関わりのある方々にも配慮するということです。

なんでも綺麗にすることから始まります。

情けは他人の為ならず、自分の為になって返ってくるのですから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

「頭で解った」或いは「解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

一人でも多くの方が実施されるといいなと願ってやみません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/nobel%20natukazakosino.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.