FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

顔がどこを向いているかにより

 多くの人が、苦労の後に幸せがやってくるんだから、苦労は買ってでもやれとよくいいます。

 本当にそうなんでしょうか?

 

 苦労をすれば幸せになるというのは、どうも違うんじゃないかと最近思うようになりました。

 努力する姿を傍から見ていて、それを苦労していると勘違いしているのではないかと思えるのです。

 頑張っているご本人は、自分の幸せに向かって喜んで励んでいるのであって、それを苦労だと思ってはいないのだと見えるのです。

 苦労だと思ってやっている人は、不平不満を何時も抱えていて楽しくないから、運も避けて通りすぎてしまうように思えるのです。

 

 ですから幸せを得る人たちが意識を向けている方向というのは、幸せであって、決して苦労を目指してはいない筈なのです。

 そうした幸せへの思いを持ち続けられる人が、結果として、目標に到達するということで、好んで苦労を追っているわけがないのです。

 なんとなれば、求めるものが苦労ではおかしなことになるからです。

 

 顔を向ける方向と思い方というのが大事になってきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

「頭で解った」或いは「解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

一人でも多くの方が実施されるといいなと願ってやみません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.