FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

駕籠に乗れても偉くはない

人は無人島に一人住んでいるのならば別ですが、互いに助け合って集団で暮らしています。

自給自足など言って、自己完結を目指す人がいないわけではありませんが、何もかもを一人でということになると、食糧である米も野菜も作り、繊維から糸を紡ぎ、機で衣服を織る。

 

海や川に出て魚を採り、山野で獣を捕え、動物性蛋白質も得るとなれば、たいへんな作業になります。

農業、漁業、工業、商業と専門職により役割が分担されて、その苦役も効率的に緩和されるわけです。


その集団の中の分担において、古来より「駕籠に乗る人担ぐ人。そのまた草鞋(わらじ)を作る人」と言って、知らずに過ごしているようにみえて、多くの人に支えられているのだと諭されました。

自分が駕籠(上に立つ者の意)に乗せて貰えるのは、その駕籠を担ぐ人(下に居る者の意)があってのこと。

更にそれだけでは無くて、その駕籠を担ぐ人の為にその草鞋(わらじ)を作っている陰の力があるのだという意味合いを教えるものであったのです。

 

しかしながら、一般的には「世の中には階級・職業がさまざまあって、同じ人間でありながらその境遇に差のあること」をいうことの喩えになっていることが多い。

 

「箱根山 駕籠に乗る人担ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」というのは、

人情話「白子屋(しろこや)政談」に登場するもので、大岡越前守忠相による所謂「大岡裁き」を題材にした落語なのだそうです。

 

そもそもは、すべての人々が、天に与えられた役割をこなしているから社会が成り立っているものだということなのであって、そこのところを履き違えると、それを解らせるための生まれ変わりを来世という形でさせられるから、ゆめゆめ疎かにしてはならないのです。

人間、思っているほどそんなに偉くはありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

身近にある最大のパワーストーンで、気づきの体質になる。

「頭で解った」或いは「解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。

 

できることは有ります。何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが見え、解らなかったことが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

 

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

 

一人でも多くの方が実施されるといいなと願ってやみません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

 

第一部・外伝・第二部

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.