FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

桜の名木「石戸の蒲桜」
「石戸蒲桜(いしとかばざくら)」は、埼玉県北本市の南方に位置する石戸宿の東光寺境内にある桜です。
「三春の滝桜」「山高神代桜」「狩宿の下馬桜」「根尾谷の薄墨桜」と並んで日本の5大桜に数えられますが、訪ねるのに道ツケがあまり良いとはいえません。
境内にある案内板に説明がありました。
樹種はエドヒガンとヤマザクラの自然雑種で、花弁の白い花を咲かせます。樹齢は約800年といわれ、大正11年(1922)に国の天然記念物に指定されました。
石戸蒲ザクラの名前の由来は、蒲冠者(かばのかじゃ)と呼ばれていた源頼朝の異母弟・源範頼(みなもとののりより)が、石戸宿に逃げ隠れて生き延びたという伝説にちなみ、この名がついたと伝えられています。
isido-kabazakura3876swb.jpg

近くに咲いていたオオシマザクラ
oosimazakura3878swb.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.