FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

薬師三尊の菩薩
TVで、薬師三尊の画像を見ました。
修学旅行で拝観したのを思い出します。
薬師如来を中尊とし、日光菩薩を左脇侍、学校菩薩(がっこうぼさつ)を右脇侍とする三尊で薬師三尊は安置されます。

月光菩薩は、どうして「げっこう」ではなく「がっこう」と読むのでしょう?
月光菩薩は月の如き清涼をもってして衆生を救済するのだといわれます。
日光菩薩・月光菩薩は、薬師如来のおわす浄土である東方瑠璃光世界の菩薩であるとされます。
菩薩とは、菩提薩埵(ぼだいさった)」の略で、悟りを求める人の意味を表す仏語。
悟りを求めて数々の修行に打ち込む仏教界の段階の位で、文殊・観音・弥勒・勢至・普賢・地蔵菩薩などの名は、寺院に参拝すれば、その働きはしらなくてもよく耳にします。
釈迦の前世の称号であり、将来は仏になるものの意味を持つのだといいます。

「がっこう」とは、その仏がもたらされたときの用語がそのまま残ったのでありましょうが、俗世のものと区別するのに都合が良かったのかもしれません。
正月が「しょうげつ」ではなく「しょうがつ」と読むのも同じ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が何の努力もしないで成功を修めることができるとは思いません。
しかし、人一倍励んでも結果として報われることは少ないようです。
その一方で、傍から見てさして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのも確かに居ます。
ツボにはまれば、打ち込むことができる仕事に着いて、次から次へ頑張れる道が開けるようです。

物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

そのために常に綺麗にしておく必要があるところは、玄関・トイレ・机・身嗜み・洗面所等ですが、究極の場所があります。

自分は特別な才能・能力をもっているのに、いまいち正当な評価が得られていないと思っている人は多いのに、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。
風が吹いても、自分の花を咲かせる風ではないとしたら、惜し過ぎです。

気づけるようになるのに、できることは有ります。「頭で解ったつもりでいる」のと、どんなに小さくとも実際に体感して得ることとには、大きな差があるものです。
何でもそうですが、やってみると今まで見えなかったものが解ってくるものです。早くやれば良かったと、やった人は言います。

なぜ、自分で墓石クリーニングをすると良いのか 
「どうして墓石清掃をするのか」参照
http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。

第一部・外伝・第二部   (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「恩を返せなかった猫」 (購読無料)
http://www.kng2321-cbs.com/douwa1.html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.