FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日はめぐり
 混雑した中でも、乳母車が来れば思わず道を譲ってしまいます。この間は、とても疲れていたのでしませんでしたが、階段では、居合わせればたいていの場合、乳母車の片方を“つって”あげるようにしています。
 「おそれいります。」とか、「ありがとうございます。」と言うお母さんが7割くらい、2割くらいが変なおじさんを見るような顔をしたり或いは警戒するような顔だったりします。
 そして残りの1割くらいからは、余計な手出しをするなと言わんばかりに断られます。
 そんなわけで、たとえ善意であろうと何かしてあげるのには勇気がいります。

 子供は、ある程度育つと、一人で大きくなったような顔をするようになりますが(自分自身もそうだったと思うから子供にはいえません。)、子供を育てているときの親ってのは凄いものがあると思います。
 ましてそれが母親だということになると、これは凄すぎる。勝負にならないから、ただ頭をさげるよりない。あんたがいちば~ん わたしが~にばん
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.