FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

葉が出るのが遅かったマロニエ
マロニエの実を拾ってきたのを鉢に播いて3年程になります。
今年は芽吹きが遅かったので心配していましたが、芽が出てからの成育は早く、若葉が綺麗に出そろいました。
maronie140506swb.jpg

マロニエは、セイヨウトチノキと呼ばれ、街路樹によく用いられる。
パリの街路樹のマロニエは、実のさやに刺がある。

澱粉や蛋白質を多く含む種子は、渋抜きして食用にもされます。
大量の灰汁で煮るなどするので手間がかかるが、かつては米がほとんど取れない山村では稗やドングリと共に食糧として重要だったのだという。

現在では、渋抜きしたものをもち米と一緒に搗いたものを栃(とちもち)として、道の駅などで土産物になっているのを見かけます。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.