FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

蟷螂と鎌

新暦65日から9日ごろを、二十五候 蟷螂生ず(かまきりしょうず)といいます。

蟷螂が姿を見せ始めるころは、それに伴う農作業を始める目安となりました。

 

子供の頃、カマキリを取った記憶があります。カマキリの背中側から、親指と人差し指でカマの部分を抑えるのです。

失敗するとカマで引っかかれていたいので、素早くやるのです。

 kamakiri2swb.jpg

「蟷螂の斧」という諺があります。

カマキリが前脚を振り上げて大きな車に向かってきたという「荘子」にある故事から、 自分の弱さをかえりみず強敵に挑むこと。即ちはかない抵抗の喩えにつかわれます。

 kamakiri5791swb.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.