FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

雨の中のブルーベリー
日本における「ブルーベリーの父」と呼ばれる故岩垣博士に師事し、果実としてのブルーベリーの栽培に先駆的役割を果たした「島村農園」の当主のご主人の妹と、高校時代の友人が結婚したこともあって、まだ巷間有名でなかったブルーベリーに関心をもったのは早かったように思います。

今年もブルーベリーの実が、枝も折れそうなほどたわわに付いています。
今はまだ緑色で小さいけれど、7月になれば濃い紫色に熟れて、沢山のジャムを作ることができそうです。
blueberry140606swb.jpg

暑い陽射しの中、大汗をかき蚊に刺されながら一所懸命摘み取ることになります。
ジャムを楽しみにしている友人や知人に、できあがったホヤホヤを大半送ってしまうのも、毎年の例となっていますが、喜んでもらえることは嬉しいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.