旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

頼み方が下手だと
周りにいる人たちのことを、「気が利かない」と怒っている人がよくいます。
こういう人たちは、大抵の場合本人の能力が高い。
しかし、気を利かして欲しいと思っていることの大半は、本人からみてどうかということであって、他の人は違うことを考えていても不思議はない。
 人にはそれぞれ持って生まれた資質に沿って、得手不得手というのがあって、それはそれで社会のバランスが取れるようになっている。
気が利かないと怒っている人は、実は頼み方が下手なことが多い。「こうして欲しい」と気軽に口にすれば、気持ちよくやってくれることが殆どである。
怒りの波動は、本人にとっても体を痛める結果を招き不幸だが、周りの人も寄り付かなくなってくるから、よいことではない。
性格的な持ち味は生まれついてのものであり、それに優劣はないのだということにお互いが思いを致すことができないと、ぎくしゃくしたものが溜まりやすいから、配慮というのが大切になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.