FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

アツモリソウの花を見ることができました
何年か前、礼文敦盛草を見たいが為に礼文島に行ったことがありましたが、いかんせん、7月の下旬では時季が遅すぎて、残念ながら花は終わっていました。

6月23日、入笠山にはアツモリソウがまだ咲いているというので、でかけたところ、黄色のアツモリソウと、紫色のカマナシホテイアツモリソウを見ることができました。
atumorisou3975swb.jpg

kamanasihoteiatumorisou3971sswb.jpg

敦盛草(アツモリソウ)は、 蘭(ラン)科の植物であり、 大きな花が特徴的なことから人気がありますが、 栽培は難しく幻の花 と呼ばれています。(根が広範囲に張るための余裕が必要らしい)
心ない人たちによる乱獲 によって、どこの山でも絶滅寸前の植物です

非常によく似た花でクマガイソウ(熊谷草)というのもあります。
DSCF-kumagaisou3swb

アツモリソウもクマガイソウも、その名の由来は、膨らんだ形の唇弁を昔の 武士が背中に背負った母衣(ほろ)に見立てたことによるのだといわれます。
源平の合戦で有名な熊谷直実(くまがいなおざね)と平敦盛の名が冠せられたというのです。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.