FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

何を言い合っても怒らない仲間の会
おじいさんの会に行って参りました。私が皆さんより一回りも下の最年少です。
席に着いて、暑いので上着を脱ぐと、「ポケットが重いほど札束を持って歩かなくてもいいんだよ。」と声が掛かったので、「いえ、私のポケッットが重いのは、札束ではなくて金塊が入っているからなんです。」と応えると「そりゃ思いわな。」ということで大笑いになりました。

81歳の長老が、最近自分より若い人が死ぬので寂しい。自分より年上の人が死ぬと、次は自分の番かなと思うというのです。この人、元気一杯でなかなか死にそうにはみえません。
重ねて、自分は女房の介護なんていうのはできそうもないので、自分より長生きして貰おうと思って、近頃は女房を大事にしているんだという。
皆が「そうだそうだ」と異口同音に言ったから、みな身に覚えがあるようです。

その81歳が、最長老である85歳の最長老に向かって「失礼だが、順番でいうとあんたの次ということになるんだけれど、予定はどうなっています?」と葬式の都合を聞いて、その上「あんたも残すだけ残したんだから、そろそろ社会に還元することを考えたら?まあ社会なんて大袈裟なものでなくても、この会のお勘定を持つとか・・」と言ったので、更に大笑いとなりました。

この会は何を言い合っても冗談で済んでしまい、怒り出すということの無いのがいい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.