FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

関西では半夏生の日にタコを食べるというので
半夏生(はんげしょう)とは、夏至(1年で一番日が長い日)から数えて11日目のことです。

植物のハンゲショウの名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日、毎年7月2日前後)の頃に花を咲かせるからという説と、葉の一部が半分ほど白く変化する様子から「半化粧」と呼ぶようになったとする説があります。
hangesyou-swb.jpg

この半夏生の日に関西ではタコを食べるのだという。
田植えが終わるこの時期、稲がタコの足のように根を張ることを願ってのことだという。

昨晩は、それに肖ってタコを夕食のときに食べました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.