FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

体温を下げないことが免疫力のためには大事
最近は、低体温のひとが増えているといいますが、そういう人は大抵の場合元気がなく、病気がちなことが多いようです。
低体温がなぜよくないとされるのでしょうか。

健康の維持に働いている免疫力は、体温が1度下がるだけで30%低下するといわれますが、
体温が上がると血液の流れはよくなり、それと共に免疫力が高まります。
血液は、体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、そこから老廃物を持ち帰る働きをしています。

血液の中には、ご存じの通り免疫機能を持った白血球があって、その白血球が体の中を巡りながら体の中の異物をチェック、パトロールしています。
体温が下がるとその血流が悪くなり、そうなると免疫力も低下して、異物を発見してそれと戦う白血球の働きも落ちてしまうので、ウイルスや細菌との戦いに負けてしまう結果、病気になってしまうということになります。

白血球は、外界からのウイルスや細菌だけでなく、体の中にガン細胞ができると、免疫細胞がこれを攻撃をして死滅させてくれています。
一般的に健康な人でも、がん細胞は1日に5000個もできているといいますから、その中の1つでも免疫システムをかいくぐって生き残ると、それが段々増えていってガンになってしまうのだとか。

低体温を克服して血流をよくしておくことは、免疫力が向上することにつながるばかりでなく、基礎体温が上がるということは、基礎代謝カロリーも上がるということですから、体重の増加対策にもなるということです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.