FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

災害からの復旧に必要な土木工事に従事する人手が不足なのは
時ならぬ台風の到来で、各地に甚大な被害が出たと言うニュースを沢山見ました。
被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。
復興の早やカランことを願って止みません。

日本は、台風・地震・噴火・津波などなど、大きな被害が起こりやすい国です。
被害が出れば、その復興の為に最前線で働くのが、土木関係の仕事に従事される方々です。
いつも不思議に思うのですが、そういうときにお世話になる仕事をされている人たちへの評価が低すぎないだろうか?

このところよくきくのが、土木関連の業界の人手不足です。
それを業としている会社の数も、激減してしまっているのだとか。
数年前の政策で、工事数が減ったのと、受注するにも利益がでないような発注金額であったことが原因だとも聞きます。

大変な仕事には、給料も沢山出るような仕組みでないと、携わる人たちもいなくなってしまう。
設計図があればできるというわけではない工事の、ノウハウの伝承ができなくなれば、困るのは将来の日本人なのに・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.