FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

カマキリ
 狭い歩道を、若い高校生位の男女が並んで私の前を歩いていました。
 突然女の子が地面を指さし屈みこんで何事かを男の子に告げました。
 男の子も屈んで何かをつまもうとしました。
 急いでいたけれど、道幅がいっぱいで通れないので暫く立ち止まったのですが、見ると小さなカマキリでした。
 男の子は、恐る恐るそれを捕まえると、道路わきの生け垣に放してやっていました。
 追い抜きながら、「優しいね。」と声をかけると、女の子が「えへへ」と笑いました。
 日本の将来も、まだまだ捨てたもんじゃない。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

足元に在る《小さな命》そこに気付ける余裕?でしょうか。
それは精神の安定、こころの余裕・でしょうか。

おとなに近づくほどに忘れやすくなる足許。もう一度確認します。
ゆう。 | URL | 2012/07/21/Sat 09:23 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.