FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

昔は良かったと、言わないようにしました
現在の状態が思わしくないと「あのころが一番良かった。」と、昔を懐かしむものです。
確かに、思い出は甘く美化されて残っているものですから・・・

でも、最上なるものは過去にあるのではなく将来にあるのだと思った方が、希望が湧き勇気が出る。
そんなことを言ったって、体力も気力もなえているのに、そんなことはできないと思うかもしれません。
かくいう私だって、年がいった今が人生のなかで一番の苦境にあるのかもしれないのです。
しかし、今までだって「何とかなる」と思い続けて何とかしてきたのだと思うのです。
この「何とかなる」という気持ちというのは、けっこう効く言葉です。

今の状況だって、考えてみれば全部が全部悪いわけではない、ということが解るというのも多くの人が感じていることなのではないでしょうか。

将来はわからなくても、今このときに一つでも良いと思えることを探す。やりたいこと、今までにはできなかったこと、できそうなことを探す。
諦めなければ先はありそうです。

全てはプラスマイナス同じというのが宇宙の法則ですから、こんな厭なことがあったんだから、この先は倍の良いことがあるのだと思う方が、そうなる可能性を引き出せるというのが真理のようです。
余り焦らず先の光明を目指すというのも、張りが出そうに思うのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.