FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

梅干しで漢方薬を作ってみました
冷えは万病の元というのは、古来から言われてきたことです。黒焼きは体を非常に温めるというのも、古来からの知恵です。体温が上がれば免疫力が上がるからです。
umebosinokuroyaki-swb.jpg

黒焼きの中でも、梅干の解毒作用・殺菌作用は知られていて、これを黒焼きにするとその効能は計り知れない物があるとされてきました。
病気というのは、陰性な性質を持っています。陰性と言うのは「冷やす・破壊する・拡散する・伸びる」など、中心から外に向かう性質を言います。
病気で言えば癌やヴィールス・など。また、放射能なども非常に陰性な性質を持っているのだとされています。
病気は気からといわれるように、気持ちの上で体が陰性になれば、落ち込んで病気になったり、鬱になったりします。
西洋医学では、一つの菌を殺すのには一つの薬を開発しなければなりませんが、東洋医学では、病気の原因の「性質」を抑えると言うことが重要な要素になっています。
その観点から見て、黒焼きは食べ物の中で最も陽性なものなのだとされます。
手間と時間のかかるものですが、お金はかかりませんし、安全で副作用もありません。
梅干の黒焼きは、無農薬・化学肥料無しで育てた梅を、天然塩で3年以上漬けた梅干しを、土鍋で黒焼きにします。
土鍋の底に一列に並ぶ程度に梅干しを入れ、黒焼きにするのですが、非常に高温になるので、卓上コンロやシステムキッチンのコンロは不向きなので、シンプルなガスコンロや、七輪などを使います。

【作り方】
1.土鍋をコンロにかけて熱し、梅干はシソを取り除いて汁気を切っておいたものを、温まった土鍋に一列にきれいに並べます。土鍋の蓋をして、小麦粉を粘土くらいの固さに練ったもので、蓋を密閉して蒸し焼きにします。
2.火加減を調整して20~24時間程度焼きます。このときの火加減は少し遠火で弱めの中火。
3.1時間ほどたったら一度鍋の蓋を開けて焼け具合をチェックします。このとき焼け方によっては梅干の位置を変えたりひっくり返したりし、全体に均一に焼けるようにします。
4.梅干が全部炭状態になったら焼き上がり。
5・金槌などで種を潰し、すり鉢に冷ました梅干の黒焼きを入れてすりつぶして粉にする。


これを1日に耳かき1杯ほど飲む。
癌・風邪・インフルエンザなど強い症状のときは、茶さじ1杯を症状が治まるまで1日3回くらい飲むと良いそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.