FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

「なんという」ことなのでしょう
 「我が身に替えても」という気持ちをもつ人が少なくなってしまったご時世と成り果てては、このような情愛が現れることが段々になくなっていってしまうのでは・・・。

 自分の都合が、もっと極端にいえば自分勝手な感情が、何にも増して優先し、またそれを個性として助長しているような風潮であるから、相手を思いやるなんてことは程遠いようです。

 うわっつらの、言葉だけでの「やさしさ」なんてのを声高に喧伝するばかりで、身をもって教え導く大人が少なくなってしまったのはなぜなんでしょうか。
 幼い子供の言動の中には、優しさをみることが多いのに、育つにつれそれが失せてしまうのはどうしてなんでしょう?

 お祖父ちゃんが、変なご飯の食べ方をしていた孫に食べ方のお作法を教えたら、「余計なことをしないで下さい。」と母親から文句を言われたんだと。
 そうです。ご飯のお茶碗は左で、お吸い物のお椀は右なのです。それはどちらにあっても大した違いじゃないじゃないか、なんてことで見過ごしてはならないのです。
 そういう小さなことが、社会に出たときにお互いの関係を滑らかにするルールなのだと思います。

 夕暮れ時、補助輪のついた自転車に乗った帰宅途中らしい女の子を、母親が感情的に口汚く叱責しながら一緒に歩いておりました。
 何を怒っていたかというと、少し先の交差点を渡る都合上、道の右側を進めと母親が言うのに、女の子が交通法規を守って左側を行こうとするのが気に入らなかったらしい。
なんということ。

 よっぽど注意してやろうかと思ったけれど、後で女の子に八つ当たりするに決まっていそうだったのでやめておきました。

 それにしても、「なんという」暑さ・・・。皆様熱中症にご注意!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.